僕らの八月革命 -前日メッセージ-

明日はいよいよ、コンクール当日です。

今回も幹部+αからのメッセージを掲載します。

 

 

 

〈Alto1st〉

ついに夏休みの練習が終わってしまい、残すは二時間の練習と本番のみとなってしまいました。でもいつの日か来たるべき日がたまたま明後日だっただけだと私は思っています。

僕はすごくこの夏が充実したものだったなと思っています。きっと私の過ごしてきた5年間のコンクールでも一番練習したと思うし、後輩とも沢山話せて幸せでした。変わった視点から譜面を見つめて新たな発見をしたり、それを考えるために言語の勉強を少ししたり、だとか。宿題とか忘れて一番ギターに没頭できた熱い夏だったって思います。

さて、私は最後に記すこの言の葉で皆さんに伝えたいことがあります。それは"演奏での借りは演奏でしか返せない"ということです。
私は今日の最後の夏休みの練習で午前中の合わせですごく不調でした。ミスタッチが目立って、雰囲気を作るのも失敗してしまい、私最終日に何やってるんだろう、とか自分の出す一音が狂ってしまうだけで、演奏がすべて乱れてしまうんじゃないか、とかすごく様々なことを考えてしまって午後の練習の時に自分の演奏に自信がなくて、自分がどうしたらいいのか分からなくなってしまったんです。
でも弾き続けるうちに、今ここで本気にならなかったら、明後日の私は絶対に後悔する。このミスを引きずったままでは、絶対に素晴らしい演奏には繋がらない。むしろそのミスから何も生み出せないことこそ本当に愚かではないか、と。思ったわけなんですね。そこで私の心の中に生まれたのが先に記した言葉です。

想像してみてください。最初の音でホールに広がっていき森の中の泉が浮かび上がり、最後の和音がホールに残響として残り、人々が喜びに明け暮れる姿を。考えただけで素敵じゃないですか。
ここまでやってきたことはみんな血と成り肉と成り、私達に染み付いているはずです。
サマコンで失敗してしまった人がいるかもしれない、今日の最後の一日練で失敗してしまった人がいるかもしれない。
でも、そんな思いも全部込めて演奏してほしい。ここまでやってきたことを全部出し切って、最高の演奏に
してほしい。そうすればきっと曲に命が宿ると思います。今の私たちにはそれができるはずです。
最高の演奏をみなとみらいの大ホールに響かせましょう。本番、楽しみにしています。   

(1stパトリ/五年 スー@天魔の業龍(カオスカルマドラゴン)龍王ティアマット)


まず今日コンマスの話で言いたかったことから

「人は第一印象が八割」という言葉があります。俗っぽい言葉ですが、それでいてかなり的を射ていると思います。
背中が曲がっていませんか?一人だけ体で乗れていないということがありませんか?革命、1小節目1拍目から最大音量を出せていますか?
両曲とも、最初の音から審査員のこころをつかめるような響を作れたら良いと思います。

一つやってほしいことがあります。明日、家を出るときに、玄関でおもむろに自撮りして下さい。べつに顔をうつす必要なんてないです。写真に写った自分がローファー、黒靴下、スラックスを履いているか、ギターを担いでいるかを確認してほしいのです。

まだ衣装をしまっていない人はこれを見たら『今すぐ』しまってくださいね



明日のコンクールは、恐らく僕の人生で最後に出場するギター合奏コンクールです。
こんな素晴らしいホールで、こんなに素晴らしい仲間たちと一緒に最後の機会を迎えられることを、僕は心から嬉しく思っています。

自由曲でこんなに長いソロを弾くことになろうとは、昨年の今頃の僕は想像すらしていませんでした。
ここだけの話、恥ずかしながら定期演奏会での初披露の時はまだ自分のソロに自信が持てておらず、本番直前に後輩と「失敗したら焼肉!」と少し後ろ向きな冗談を飛ばし合ってようやく方の力が抜けたと言った具合でした。
緊張するのなんて当たり前です。それをうまく飼いならせれば、走ることなく最後まで弾ききれると思います。
定演、サマコンを経て、ようやくソリストとしての貫禄が出てきたように自分では思っています。本番では、ただ僕の演奏を楽しんで聴いてくれると嬉しいです。

あまり長いことを喋ると薄っぺらくなってしまうので、最後にひとつだけ。
「自分がもてる全力を出し切る演奏ができたら、賞なんて関係なく、それが一番良い演奏です」
僕は本当にそう思っています。
会場すべてを僕らが飲み込んでやりましょう。

僕だけじゃない、僕ら全員の八月革命。

(コンサートマスター/五年 きくしょー)


こんばんは。すんぺーです。手短にいきます。

革命は気迫をこめて表現しましょう。
去年の繰返しになりますが、「弾く」のではなく「表現する」。

気持ちの入っていない演奏で革命は起こせません。
気持ちが入っていても一人で弾いたら革命は失敗します。
僕達は中等クラギというチームです。
合わせる意識を持って、「全員で」戦いましょう。
鬼気迫る演奏。
は、ホールにも人の心にも響きます。
気合入れて行きましょう。

繰返しになりますが、くれぐれも「全員」で...


夏を通して後輩の成長に驚きました。
僕が直接見たのは1stの後輩だけですがみんな本当に努力した。本当に頑張った。本当にお疲れ様。。
1stの後輩みんな、僕の誇りです。
残すは本番だけ。
みんな、自信を持って弾こう。
全てを出し切ろう。

練習でできたことが本番でできないのは本当に勿体ないです。後悔の無いように。

最高のステージを作りましょう。

では明日。

(五年 すんぺー)


いっぱいメッセージ届くと思うので簡潔に

みなとみらいホールで5学年で弾けることはこれ以上ない幸せです

落ち着いて、12分間を存分に味わいましょ
きっと最高の時間です

(五年 おおにし)



夏休みの練習期間長らくお疲れ様でした。
演奏面はそれぞれで気をつけることはわかっていると思うので、明日気をつけることとして、一人一人が主役で中等生の看板なんだってことを忘れないでください。こんなに大人数になった以上、個々が自覚を持つことがほんとうに大切だと思います。先輩方が今までいろいろと注意して下さったことはほとんどそういうことに繋がっていると思います。
明日こそは先輩方が気兼ねなくコンクールに挑めるように意識して行動しましょう!!
事務連絡で申し訳ないですが、本番終わった後GUTS!に5期の先輩が行ってしまっていないので気を抜かず指示があればきちんと聞いてくれるとありがたいです。席に着いてもマナーは忘れずにお願いします。
そして、私にとっては前の背中を見て弾ける最後のコンクールです。その貴重な一瞬を最高のホールで楽しみましょう!!

(次期部長/四年 わか)



〈Alto2nd〉

今現在8.24の午後7時頃ですがもう既に緊張しています。めちゃくちゃ緊張しています。つい最近までコンクール2週間前だ!とか言ってたのに。
 毎年緊張してパニクってああもっと楽しんでおけばよかった、と後悔をするので今年は!今年こそは!いろんな人とアイコンタクトをして今までやったこと全てを出し切りたいです。100人以上仲間がいて後ろに同じパートで支えてきてくれた後輩がいるんだと思うとほんとに心強いです。2ndの子達には本番後ろ向けないけど夏休みの感謝やら恋心やらを私の物理的に大きい背中に乗せておくのでテンパったら見てください笑笑
演奏を終えたあと、最後にこの曲をこうやって弾けてよかった!!って言いたいので、みんな!本気でやりましょう!
ショスタコーヴィチに堂々と聞かせられる演奏を!
では!

(2ndパトリ/五年 39)


みなさんは今どんな気持ちですか?私は不安と緊張でとってもドキドキしています…でもそれの10倍も、20倍も楽しみな気持ちでいっぱいです!
新一年生を迎えて、半年間、ほぼ毎日みんなでギターアンサンブルと向き合ってきました。でもステージ上で演奏できる時間って本当に一瞬なんですよね…

5期生の先輩方へ
本当に今までありがとうございました。これが先輩方と演奏できる最後のコンクールだと思うと、本当に悲しいです。とても簡単な表現になってしまって申し訳ありません…私は先輩方一人一人が大好きなんです。明日は先輩方への感謝を忘れずに自分ができる最高の演奏をします!!

後輩のみんなへ
今年はたくさん厳しいことも言っちゃったかもしれないけど、みんなが本当によく頑張っていたのを知ってるよ!みんなならできると思ったから言いました!
明日は一人一人が大切な演奏者だから、みんなでつながって一緒に頑張ろうね。

拙い文章ですみません。

(次期パトリ/四年 のの)


今回のコンクールは、私たち6期生にとって先輩と出れる最後のコンクールになります。しっかり大好きな先輩方の背中を見て、やってきたことを全部出し切りたいです。

6期生以下へ、私たちが頑張れるように、沢山考えて部活を運営して下さった5期生に感謝して1日集中して頑張りましょう!

特に1,2年生は、こんなに響くホールで、自分の音しか聞こえなくて、音量出しちゃダメなの?と不安になってくる人もいると思います。でもそんな時、絶対にその不安に負けず、いつも通り音を出して下さい。みんなが弾いてくれないとSpringも革命も成り立ちません!!

それに、みんながこの夏、とても難しい曲を毎日一生懸命練習して弾けるようになったのを見てきました。せっかく頑張ってきたんだから努力を生かしましょう!

みんなで怖い顔して、生死の危険、という重い雰囲気をみなとみらいホールに広げましょう!

(四年 にも)



〈A,cem〉



こんばんは!
ついに最後のコンクールをむかえてしまいました…
たぶんたくさんの人が感じていることだとは思いますが、今年の夏休みは本当に早くすぎさり、いつの間にか終わっていました。まったく明日が本番という感覚がありません。
ありきたりにはなりますが、最後のコンクールとなるので自分の中で一番のスプリングと革命にしたいです!これまで一緒にやってきた皆さんと最高の演奏ができたらいいと思います!楽しみましょう!
最後に、この夏休み一緒に頑張ってきてくれたパートのみんな、本当にありがとう!

(A.cemパトリ/五年 おおぬき)

 


明日はついにコンクール本番ですね
今年の夏も長いようで短く、一瞬で過ぎていった気がします
これまで、本当にたくさの練習を重ねてきました
辛いこと、苦しいこと、沢山あったはずです
特に三年生、下の学年を率いていく難しさ、大変さを痛感した夏だと思います
この夏は、僕らを一回りも、ふた回りも成長させてくれました
明日はその努力を信じて演奏する時です

ここまで僕たちを引っ張ってきてくださった、5期の先輩方、本当にありがとうございました
5期から9期までで弾くコンクールはこれが最初で最後です
このメンバーで弾ける喜びを噛み締めながら、最高の演奏を楽しみましょう!

(前期パトリ/三年  さーもん)

 



〈Prime〉

定演が終わってからの約4ヶ月間、ずーっと部活のことを考えて過ごして来ました。部活以外のことはなんにもしていません。嫌なこともたくさんありました。けど後悔はしてないです。高2の夏全てを部活に捧げて、パー練をして、曲想を考えて、たくさんお喋りして、星を見に行ったけどあんま見えなくて、バナナ押し付けて、変顔して、騒いで、怒って…とても充実した時間でした。みんなのおかげです、ありがとう。

5期から9期のこのメンバーで、みなとみらいのステージに立てることを嬉しく思います。
一列目の真ん中にいるのであまり後輩のことは見えないかもしれません。けど、しっかり背中で感じています。頼もしくも何ともない私の背中に、ついてきてくれると嬉しいです。
私たちのこの夏の全てを、見せつけてやりましょう。

心を1つに、全力の演奏を。 

(Primeパトリ/五年 にしがき)


合わせでも言ったけど、僕は本番が楽しみで仕方がないのです。
spring2の美しく濁った響きや澄んだ水のような響き、革命の遠く遥か彼方に飛んでいくような甲高い響きが、みなとみらいのホールを震わせるのです。
大きなまとまりとなった響きは長い間ホールの空気に居座りやがて消えます。
僕はその一瞬が楽しみで仕方が無い。
響きは一人でも作れますが、一人で作る響きには限りがあります。
そこで二人や三人、四重奏なんかになれば響きは無限大です。
僕らはなんと104人もいます。
こんだけやってきた僕らなら、もうなんでもできると思うんです。
イングランドの偉大なギタリスト、エリック・クラプトンはいいました。
"Think that you are the best when you are up on the stage. When you are off the stage, think that you are at your worst."
「ステージに登った時、自分は最高である思え、ステージを降りた時、自分は最悪であると思え。」

明日僕らはステージに登ります。ステージに登って演奏をします。
その時の僕らはきっと最高です。自信を持って、上を向いて弾きましょう。
そうすれば、きっと上手くいく。大丈夫。

最後に、これは僕の話なので適当に読み飛ばしてください。
僕はこの夏を最後の夏と名付けました。
きっとこの先どんなにカラッと晴れた暑苦しい夏らしい日が訪れたとしてもその日は夏らしい日でしかないのかもしれません。
それでもいいと思えるような悔いのない、最後の夏の日を過ごせたなら僕はきっと幸せ者です。

それではまた明日。
革命の成功を祈って、乾杯。

(学生指揮者/五年 ニコスさん。)


曲のことはいつも話しているので、少し長くなるけどそれ以外のことを言います。


ひと夏をかけて最優秀賞を目指してきたという話をしました。その時、評価されること、賞を獲ることよりも大切なことは何かっていうのも話しました。あの時の言葉がどれだけの重さをもって皆に届いたか私には分からないけど、私が伝えたいことは大体あれに集約されていると思ってください。


どうしたって本番は一回きりです。
そして、練習ありきのものです。練習の結果が本番に現れます。

今日まで本気で練習してきて、本番を明日に控えた今、出来ることはたった一つだけです。すでに伝えた通りです。心配することはありません。とにかく迷うな!笑


本っ当にこの夏部活ばっっかりやってて、一体何がしたかったのかっていうと要はそういうことなんです。

だって、皆これだけ頑張ったんだから明日は自分のために弾くほかないじゃないですか? 私は明日、皆のために指揮を振るし、弾きます。

心から、一緒に演奏する同期が、後輩が、そしてこの部活の演奏がどうしようもなく好きで、やってきたことだから。近くで支えてくれた人はもちろんだけど、全員に感謝しています。質問してくれたり、自信になること言ってくれたり、アドバイスくれたり、厳しいこと言ったり本音をぶつけてくれたり、何より一緒に部活してきてくれたことに、感謝しています。


課題曲も自由曲も、この2曲を選んで、最後のコンクールめがけて突っ走れて、最高に良かったなって思います。

私達が「どこまで来られたのか」、皆で確かめる時です。

あっという間に終わってしまう12分間に、この夏最高の瞬間を期待しています。

(学生指揮者/五年 いとう)


こんにちは、次期Primパトリのものです。

皆さん、本番まで24時間をきってますが心と爪の準備は万全ですか?

去年のコンクール、わたしは緊張し過ぎてしまいいつもの演奏ができませんした。ただ、先輩方の創り上げた響きがホールいっぱいに広がり、聴く人すべてに安心感を与えるような暖かさを感じる音だったことを覚えています。

それから1年、私は先輩方のようにすべてを包み込むような響を表現できるように練習をしてきました。いよいよです、私の1年間の努力をホールに奏でます。

後輩達へ
本番前は緊張で心臓がバクバクして死ぬかと思うかもしれないけど、気づいたらニコス先輩がお辞儀をしていると思うので笑、限られた時間の中で今までやってきた事を自信を持って演りきってください

同期へ
人数は少ないけど全力で先輩の支えになろうね

先輩方
5期の先輩方と4年間も一緒にアンサンブルをする事ができて私は幸せものだなって思います。昔のことを思い出すと泣きそうなのでやめときます、本番、目が腫れているのは嫌なので笑。先輩方の最後の夏を後ろから支えます。頼れない部分たくさんあると思いますが、本番の12分間くらいは頼りにしてみて下さい。大好きな先輩方のために全力を尽くします♡

2列目(0列目を1列目として)Primの真ん中のあたりで1番ニコニコしてるやつ、私です。みんなからのアイコンタクトめっっちゃ待ってます。喋った事ない子でもwelcome!

泉の美しさを感じ、命をかけて挑んだ革命を終えたあと、私達の前には何が見えるだろう

(次期パトリ/四年 Ms.大食い)


 もうコンクールですね。このコンクールの舞台上で演奏できるのは、12分×5回で一生に1時間くらいでしょう。気づけば私も4回目です。後悔しないよう短い時間を味わってください。
 手は、体の中で顔の次に感情を出しやすいところだと思っています。ギターは、音を作るところに直接手を触れて演奏する楽器なので、繊細な感情も音楽に乗せることができます。今年はロシア革命が起きてちょうど100年です。そんなことも頭の片隅に置いて置ければと思います。

 本番は楽しみましょう!

(次期学生指揮者/四年 65696e737465696e)


ここまでくると、時間の流れってとても早いなぁと思います。

5期生は私が1年生の頃から目の前にたっていて、あきれるほどしつこい私の質問にも何度も何度も答えてくださったり、一緒に考えてくださったり、ほんとうに沢山の感謝でいっぱいです。

頼れる先輩がいるということが、どれほど幸せなことなのか、強く感じました。

曲想って難しくて。
4年目になった今でも何度も何度も考え悩みます。
でも、皆で同じ思いを持って演奏できるって、ものすごく素敵な事だなぁと思っています。
springと革命はどちらも曲想がとても大事な曲なので、本番までにもう1度しっかりと頭に叩き込んで、ホールに届ける音と一緒に、私達の思いまで届けばいいなって思います。

明日の次のコンクールは私たち。
5期生とのコンクールはこれで最後。
絶対に悔いのない演奏を、皆さんと一緒に響かせたいです。

5期生大好きです

(次期学生指揮者/四年 watson)


読みづらい文章で失礼します。
ありきたりのことを言うのも何あれなので敢えて「明日はコンクール」ではなく「今日はコンクール1日前」と言わせていただきます。
はい、今日はコンクール1日前です。
きっと他の方々が心に響くことを言ってくださるので私はまずごく普通のことを言おうと思います。
よく先のことを考えて行動しよう、と言いますがギターの練習は今その一瞬一瞬全力でやることが大事ですよね。1年生もこの夏を通して実感したと思います。
明日の爪のコンディションを完璧にするだとか原曲や録音を聞くだとかギターの整備をするだとかギターに話しかけるだとか忘れ物がないか確認するだとか、もちろん早く寝るだとか…今からでもいいので一瞬一瞬本気で行きましょう。
真面目な話はここまで。
この夏は本当に楽しかったです。もう楽しいとか一言で表せない、そのくらい楽しかったです。先輩を追いかけること、同輩と一緒に頑張ること、後輩の成長を見ること。辛かったことも含めて全部人生で一番いい夏でした。大好き。
Primには迷惑かけっぱなしで申し訳なかったですごめんなさい。でも尊敬できる先輩と素敵な同輩、それに頼れる後輩、いつも楽しく笑つている。そんなPrimがやっぱり一番大好きです。

余談ですが人は緊張すると息を吸うことに集中しがちなので、深呼吸は吸うより吐くほうに意識を向けるといいそうです。せっかくの日本屈指のホール、みなとみらいホールで演奏する機会です。緊張に皆で弾ける楽しさが勝った瞬間、一番実力を発揮できるのではないでしょうか。

明日が最高の「新・革命記念日」になりますように。

(三年 うら)

 



〈Bass〉

いよいよ本番がすぐ側に来てしまいました。時が経つのは僕たちが思っているよりも速いようで、このメッセージを書こうと考えていた時にようやくもう8ヶ月もこのコンクール曲に取り組んでいることに気がつき、驚かされました。

さてさて、この一夏の間、部員の前で話す機会があると僕が毎回のように一貫して説いていたことを覚えていてくれているでしょうか?「納得のいく演奏を本番ですること」です。思えば合宿の幹部宣誓でもそんな話をしましたし、特にBassのみんなはパー練でしょっちゅう僕の口からそんなことを聞いてきたと思います。
最優秀賞を目指してきた僕たち自身が納得できる演奏とはズバリ、聴いていただける方の心はもちろんのこと、僕たちが目指した最優秀賞という高みにダイレクトに届く演奏でしょう。
とはいえあくまで、「納得すること」は僕らが意思を持って意識してする「行動」ではなく、しかるべき演奏を僕らが無事届けられた上で僕らがたどり着く「結果」のはずです。あくまで僕らが意識すべきなのは自分たちで納得できるような演奏をすることだということを忘れずに、シンプルな頭でまっすぐに自分たちのできる最高の演奏をあの舞台の上で鳴らしましょう。

あ、あと、さっきスプリングが終わって革命の前の雰囲気の切り替えみたいな話が出ましたが、僕がイメージしているのはまだ技術が発達していないため"ジー"というノイズが入ったり画面に黒い線や円があちらこちらにちらちらと映ってしまう頃の映画のオープニングで、レーニンやスターリンなどの演説の映像や戦車の映像が数コマずつ流れ、"The Fact of the Soviet Union"といったタイトルが白い字で表示されるというものです。みなさんもイメージを大切に、表現力と説得力に満ち溢れた演奏を作っていきましょう。それができたらきっと心配はありません。気づいていたか分からないけど、僕らはすごく本番に強いよー!それでは!長々と失礼しました!

(Bassパトリ/五年 あんでゅー)


1年で1番大好きな夏が終わることにまだ実感がないです。
私はヒラだしギターもヘタッピですが、私なりにこのコンクール曲を良くすることに貢献できたでしょうか……??大変自分勝手ですが、こんな私だけれど「いすぃかわがいて良かった」って思って欲しくて、頑張ってた部分もありました(もちろんメインは最高の音楽を作ることです!!)本番でもしっかりと自分の役目を果たし、今までで1番良い、最高の演奏をアンサンブルをしたいので、いつものようにアイコンタクトと背中コンタクトと心コンタクトをお願いします!!
すーちゃん!!私はすーちゃんの指揮にすーちゃんの作るSpringⅡが大好きです!!本番でもたくさん見る(当たり前か笑)のでよろしくね!!
ニコス!!この前後ろ姿を見てて思ったけれどニコスが革命を振る姿はやっぱりとてもかっこいいです。合わせではたまにくるニコスならではの表現が面白くて楽しかったよ!!いつも曲中でアイコンタクトしてくれてありがとう、本番もよろしく!!
朝や行きにもし緊張しすぎてたら私の変顔写真を見てください。「ああ……」ってなったらSpringⅡや革命を聴いて曲想をイメージして今までやったことを思い出して士気を高めようね!!長々と失礼しました!!本番もいつも通りよろしくお願いします!!✨✨

(五年 いすぃかわ)


次期Bassパトリのあんじゅです。


先輩方との最後のコンクール.....

去年あんどぅー先輩は

「最後だから(4期の)先輩の背中を目に焼き付けて」

とおっしゃっていました。

今年は私達の番ですね。
大好きな先輩方の背中をしっかりと目に焼き付けます。



誰もがこの夏、
最高の思い出がつくれたんではないですか?

辛いことはもちろん、感動したことも全部全部何年経っても鮮明に記憶に残ります。

私は今でも、「禿山の一夜」ラストのホールでの響きを覚えています。今から2年前というかなり前のことですが、良い音は褪せることなく人の心と記憶に残り続けます。

8/26、自分の音はもちろん、ホールに響き渡る「SpringII」「革命」の響きに耳を傾けてみてください。


そこにはきっと
一生モノの
最高の夏があります


部員全員で全力で最高の演奏をして
最高の演奏についてきた結果に
全力で涙しましょう

(次期Bassパトリ/四年 あんじゅ)


こんにちは、次期副部長のあーやです。

ついに明日がコンクール本番となりました。
5期生にとっては最後のコンクール、6期生にとっては先輩の背中を見て弾ける最後のコンクール、7期生にとっては初めて合宿に参加したコンクール、8期生にとっては先輩になって初めてのコンクール、9期生にとっては緊張の初めてのコンクールです。

それぞれが特別な思いを持って望むコンクールだと思います。


私は私情で先輩方のすぐ後ろでは弾けませんが、それでも、音が届くくらいの気持ちで弾きます。


明日はこのメンバーで弾けることに感謝し、今までやってきたことを全力で出し切りましょう!!

(次期副部長/四年 あーや)


〈CG〉


どうも、GUTS!が覚えられないです。やべえ。
例年通り1人づつ話すことあるのかなぁと思ってたのでこの場でCGパートリーダーとして言うつもりだったことを先に語らせて下さい。
32期CG、実は始まる前から一波乱、夏休み前にももう一波乱ありました(あまり詳しい事は言えませんが…)。まず1st、2ndの方々、本当にありがとうございました。
自分自身、メンバーを纏める力もあまりない上音楽的な素養も少ないので、コンクール曲始まってばかりの時は正直詰まらないパー練だったなーと思います。パートリーダーとして自分の出来るパー練はどんな練習だろう、というのが僕の1番の課題でした。そしてその答えは夏休みを経てようやく辿り着くことが出来たと思います。去年までのパー練を知ってる人からすれば少し驚いたでしょう。それでもコンギタの皆がこの夏を終えて、今までで一番楽しいって言わせられればパトリ冥利に尽きます。
長くなりましたがここからは1人のギタロン弾きとして、もう少しお付き合い下さい。パー練では耳たこレベルで聞いたし、他パートにも聞こえてると思いますが、僕が皆に言いたいのは「合わせる心が大事」ということです。「合わせる心が大事!!!」右手を胸の前にかかげて言うところがミソ。大きく息を吸ってfffで入りましょう。
まずパートで1つの楽器として響かせる為に作った、言ってみれば目標のようなものですが、勿論演奏者全員にも言える事でしょう。どのような曲想なのか、どのパートと一緒に弾いているのか。全員で最高の演奏をする為に、心を一つに。今このメンバーでしか弾けない一瞬を、革命もSpringも全力を賭してほしい。
最高学年がなんて精神論だ、と思うでしょうが、明日のほんの12分間だけでも心に留めてくれれば、と思います。
それではまた明日。

(CGパトリ/五年 こーせー)


この日が待ち遠しくて仕方がなかった。けど、夏が終わってしまうからいつまでもこの日が来ないでほしい、そう思っています。
みんな忘れ物しないでね⁉︎集合ちゃんと来てね⁉︎⁉︎
そんな思いを抱えながら最後のコンクールを迎えます。では(いつも通り?)長いけど3つ。


まず1つ。後輩たちは緊張しているかな?
みんな悔いなく全力で12分間の舞台を全員で楽しんでほしい。最後の夏になればどれほどあの12分間が幸せか、本当の意味でわかる。けど気付いた時には残り1回しかないもの…。

そして2つ目。本番直前には、会場の雰囲気に呑まれて舞い上がっちゃう子もいると思う。けど、その時大切なのは
「会場の空気感に中等が呑まれるんじゃない、会場の空気感を中等の空気感にすること」
そして中等の空気感の中でいつもの練習通り、全員で命をかけた渾身の演奏を「伝える」こと。それが出来れば必ず最高の演奏になる。

最後に、このメンバーで合奏できる幸せを噛み締めてほしい。この5期〜9期の100人を超えるメンバー全員で同じ気持ちで曲を「演じて奏でる」のは32期中等クラギだからこそできること。コンクール本番では(革命の I とか全員で心一つになったら最高じゃない?)その幸せを噛み締めながら弾いてほしいな。
この夏もほんといろいろあったね…。何度も上級生で話し合いもしたし、後輩たちもいろいろ迷惑かけたりもした。朝練やったり遅くまで自主練したり、時には怒ったり怒られたり、合宿むっちゃ疲れたりサマコン大変だったりお盆休みがなかったり…。この夏の部活の思い出を語り出したら止まりません。
そして明日は、そんな32期ギター部の演奏、そしてその他の全ての事でも、夏の集大成にしよう。

以上3つ。それでは明日が夏の終わりとして最高の日となることを願って。

明日九時半、みなとみらいにて待つ。

(部長/五年 ヒロ)


こんにちは、ユースケです。なんだか夏が終わる気がしなくて、明日にはホールで演奏している実感がないです、もう終わっちゃうんだなあって思うと本当に寂しいです、終わってほしくないしずっと続いててほしい。
後輩に伝えたいことは、1年生とかは実感がないかもしれないけどコンクールっていうのは本当に一瞬で時が過ぎ去るから、あの素晴らしいホールの響きと、今このメンバーで弾ける幸せを、余すことなく感じてほしいってことです。このコンクール、みんなにとってはこれから先何回かあるうちの一回だけど、5期にとっては最後の一回だから、やっぱりすごい思い入れがあります、5期から9期全員で一生ものの思い出となる演奏ができればそれ以上の幸せはないと思います。
コンクールでステージに乗ってる時間はおよそ12分。部員人生最後の12分を最高の12分にしたいなと思ってます、みんなで最高の演奏を目指しましょう!!

(副部長/五年 ユースケ)

 

こんにちは。前期副部長として初めて挑むコンクールなので、拙い文章だと思うんですけど載せさせていただきます。

100人もいる部活だから、部活に対しての想いって色んなものがあると思うんです。
その中で私は、本当に部活が大好きで大好きで、部活がないと生きて行けない側の人間なんですけど、今年は改めてそれを感じる夏でした。
たくさんたくさん笑いあって、本当に楽しい夏だったなー。夏がすごく好きになりました(何のはなし笑)

そんな楽しかった夏も、明日で終わってしまうんですね。そう思うと寂しくなりますが、この夏に悔いを残さないよう、明日はとにかく全力を出し切りましょう!

100点よりも、100%の演奏を目指して、みんなでこの夏一番の思い出を作りたいです!

(前期副部長/三年 かおぴー)


明日でコンクールとかフツーに信じられないですけど、コンクールなんですね……
みなとみらいホールを想像すると武者震いしそうです笑

はてさて、僕は今回のコンクールはギタロンとして出ることになりました!(いつもはふぁーすとにいます)

そのため、今回書くことが多くなりそうで大変なんで、
一回も校正しないので、
この文章が僕の本音だと思って読んでくださると幸です!

僕がギタロンに行くことになったのは実は6月26日でして、決定してからまだ二ヶ月たってないのです。

理由としては、一人後輩が休部してしまって欠員が出た上にギタロンは革命においてすごい大切!ということで、誰か移籍してもらおうということで
ふぁーすと五期の先輩から話が来まして
考えた末に移籍することにしました。

ただ、移籍するのは7月13日のテープ録音後から、一ヶ月ほど、という
とてつもない無理なスケジュールで(内心かなり不満がありながらも笑)移籍をすることにしました

そして明日で44日目のギタロン生活です。

移籍の説明で書きたかった話があったんですけど、なんか上手く入らないので後にしますね笑

この流れでコンギタの人たちに思ってること言おうと思うんですけど、

まずパトリの先輩、
移籍した最初の日からパー練を抜けて僕にマンツーマンで教えてくれてありがとうございます、
そして今日も最後まで
このままいてほしい、って言ってくださってありがとうございます!
感謝してもしきれないです!

次に副部長の先輩、
前からお世話になってた縁で関わりやすくて楽しくさせてもらって嬉しかったです。これからもよろしくお願いします笑

次に新聞委員長の先輩笑、
合宿中に小編成が一緒で、風呂も一緒で、色んな話を出来て楽しかったです!
早弾みてると元コンマスのあの方を思い出します笑

先輩の最後に、部長の先輩、
パー練中にすごいいいこと言っていて、参考になりました。
合わせのときにも曲想イメージして、とか言っていて、今後の参考になりました!
これからもよろしくお願いします!

次に同期に対して、

前期部長、
先輩たちに仲悪い、とか言われたけど笑、俺は今後も仲良くしたいからよろしくね、
ギタロンの未知なる境地に行けよ?

前期コンギタパトリ、
合宿の時に愚痴聞いてくれてスッキリしました笑
ごめんなさいね、今後もあるかも、ホントにごめん笑
前期曲コンギタ頑張ってね

2ndから来たものよ笑、
これからもコンギタを続けるものとして俺の分もお願いします、
色々ごめんね笑

他二人はすまない、長くなるから割愛します笑

そして後輩、

二年のコンバスちゃん(名前書けないのつらい)、
後からコンギタに来たのに先輩でごめんよ笑
やりにくかったよね笑

一年のみんなは
これからもコンギタ力を高められると思うから、頑張ってね

……長くなったのでふぁーすとの人に思ってること書きます笑

一番書きたかったこと、
ソプラノ五期の先輩、
ギタロンに移籍する話をしてくださった時に、
「決して君のことを軽んじてるわけじゃないよ」って言ってくださった言葉、今でも忘れません

コンマスの先輩、
学年奏のこととか、
すごい真剣に考えてくれてありがとうございます、
厳しくしてくれて嬉しかったです、
ソロ、ホントに好きなので楽しみにしてます

パトリの先輩、
ギタロン移籍の話のとき、サイゼリヤで話を聞いてもらってありがとうございます!
明日は1stソロ頑張って下さい!

2ndのパトリのような先輩、
合宿の夜にふぁーすとの変化を教えてくれたり、
前髪についていじってくれたり、
実は内心すごい嬉しかったです笑

もう一人の2ndの先輩(これ以外の書き方がわからなくて、すいません!)
divまで同じなのにあんまり関われなくて悲しいです、
でも、パートチューニングは一緒にやれてよかったです

少々割愛して同輩

色々揉めてる時にいなくなって、しかも相談出来なくてごめんなさい
迷惑かけてホントにごめん、特に同じパートの人(名前書きたい……)ね、
あと、合宿でソロ弾いてたの、すごい感動したよ、ってまた言いたいから言うね(コンマスソロのやつね、)
いつか拷問練やるから許して下さい笑
コンクールも前期曲も頑張ろ!

最後にふぁーすとの後輩、
8期はまあ成長したなって思ったし、先輩だな、って思ったから、
俺の分もふぁーすとに貢献してあげてねー!
9期は忘れられてないか不安だから、絶対覚えててね!
一番後ろの列に俺もいるからアイコンタクトしようね!

………
長くなってごめんなさい!
悪気ないんです!

僕の目標は
「最初で最後のコンギタを全力で愛して楽しむ」です、
去年の目標みたくアバウトだけど、これが目標です。
Springでは合宿の時の夜に先輩たちと考えた80小節から、
革命ではBからとRから
が大好きなんでそこに最高の思いを乗せて演奏します!

そして明日は精一杯楽しみます!

長くてすいませんでしたー!

(三年 Tutti)


まずはじめに、長文失礼します。
ほとんど個人的なことを非常に拙い文章で書いていますがどうかお付き合い下さい。

時が経つのは早いもので、つい最近コンクール曲の練習を始めた気がするのですが、コンクールはもうすぐ目の前ですね。今は驚きとワクワクと寂しさとが入り混じっていてとても不思議な気分です。
8ヶ月間というこの時間が、こんなにあっという間に、それこそ一度瞬きをするような短い間に過ぎ去ってしまったのは初めてです。

今年の夏は、これまでの私の人生の中で一番楽しかったと思います。
確か私、定演前に、今が一番楽しいって皆さんの前で言ったと思うんですけど、やっぱり今が一番楽しいです。
正直あと30年くらい今年の夏が続けばいいと思ってます。正直めっちゃ寂しいです。どうしよう。

私の本職はせかんどなのですが、この8ヶ月間、こんぎたに行かせていただきました。もうちょっとお世話になります。
私はせかんどがすごい大好きなので、ぶっちゃけ私がせかんどにいて、他の誰かがこんぎたに行ってしまったら私が辛いなぁと思ってそれが嫌だったのもあり、私がこんぎたに行ったのですが、我ながら発想がずるいなぁと思います。ごめんなさい笑
せかんどの皆さんの楽しそうな姿が見られて良かったです。
ときどきお昼一緒に食べたり、放課後練習したり、会いに行った時にみんな変わらず笑顔で迎えてくださったのが正直すごく嬉しかったです。
1年生とも仲良くなれて良かったです。これからも仲良くしましょう笑
本当にせかんど大好きです。

そしてこんぎたの皆さん、突如現れた私をはじめから本当に暖かく迎えてくださり本当にありがとうございました。本当に先輩方がマジ神って感じで7期も後輩もみんなめっちゃ良い人で本当に上手く言えないんですけどだいすきです。だいすきです。
パー練してる時も合わせの時もお昼食べてる時も昼休みとか放課後駄弁ってる時も全部、とてもとても楽しかったです。
本当に大好きです。

ここまで、せかんどとこんぎたへの愛ばかりを書き連ねてきましたが、パートが違えど放課後喋ったり一緒に帰ったりしてくださったり、そこまでの関わりが無くともいつもめちゃくちゃかっこいい先輩方が、本当に大好きで、もちろん、後輩も同輩も、これまで一緒に演奏を作り上げてきた部活の仲間達全員が、本当に本当に大好きです。
こんだけ大好きな人達にちゃんと大好きって言えることは幸せですね笑

私達3年生は、5年間のギター部人生における60分しかないコンクールのステージ上の時間が、ついに折り返し地点まで来てしまいます。
この12分間を、最高のものにするため、ひとつひとつを、一音一音を、大切にしたいですね。

私がこんぎたの一員として出場する一度きりのコンクール。今回きり、もう二度と見られない景色を、先輩の背中越しに見えるあの景色を、しっかり目に焼き付けて来たいと思います。

あの床を鳴らす。

(三年 わらび餅)


私たち2年生以上が革命の楽譜をもらってから、ちょうど8ヶ月がたちました…いままで積み重ねてきたものを、明日は全部発揮したいと思います。一番後ろのはしっこから、いろんなところを見てみるので、革命のI等では、ぜひアイコンタクトお願いします!明日はよろしくお願いします!

(二年 [鴉])


9期ギタロンのsaraです。

初めてのコンクールで、緊張するし正直分からない部分も多くありますが、明日は頑張ります!

先輩や先生がおっしゃっていたことを頭に入れて、サマコンの反省を活かした1日にしたいです。
もう一つ、「夏休みに入るにあたって・・・」というプリントを読むといいと思います。

最優秀賞を取れたら嬉しいですが、その前に自分達が納得できる、最高の演奏がしたいです。

本番は練習のように、最高な状態で臨みましょう!!

(一年 sara)